1. Top
  2. 在庫販売
在庫販売のイメージ
  1. Top
  2. 在庫販売
  3. 古金銀

    2018年8月25日更新

古南鐐二朱銀 明和9年 文政7年 寛政型 PCGS-AU55(汚れ少々 AU-UNC) 33,000円

汚れがあり、PCGSは厳しくAU55と評価したものの、江戸時代に製造された銀貨に未使用の肌が感じられる様には鳥肌が立ちます。Secure Plus

新南鐐二朱銀(文政南鐐) 文政7年 天保元年 PCGS-MS64(UNC+) 23,000円

やや単調な色調でもありますが、純度の高い南鐐銀の美しさ際立つ一枚。Secure Plus

文政南鐐一朱銀(古一朱) 文政12年 天保8年 PCGS-MS62(少汚れ -UNC) 13,000円

少々汚れがありますが未使用の質感を残すMS62ランク品。Secure Plus

文政南鐐一朱銀(古一朱) 文政12年 天保8年 PCGS-MS64(軽トーン UNC+) 18,000円

軽いトーンが入り派手さこそありませんが、打刻の要所要所はしっかりしており、MS64の高評価通りの未使用品。Secure Plus

天保一分銀(古一分) 天保8年 安政元年 普通品 PCGS-MS64+(UNC+) 20,000円

味のある南鐐二朱銀の魅力もさることながら、端正な製作、美しい銀色を誇る天保一分銀も魅力的な銀貨です。銀品位は当時の純銀相当で花降銀との命名説もあったほどで、トーンの質感も上品な傾向があります。原色を味わえる江戸時代の未使用貨、現在の相場も魅力的です。極印分類は「Ql」。Secure Plus

天保一分銀(古一分) 天保8年 安政元年 普通品 軽アタリ EF+ 2,700円

逆桜位置は表T、裏sの「Ts」です。トーンの中に未使用の地色を残す気持ちの良い品です。「一」字下部にあるアタリが惜しまれます。

安政一分銀(新一分) 安政6年 明治元年 普通品 PCGS-MS64(UNC+) 売約済

重量調整の"雨降り"や、打刻が中心を外れることも多々ある安政一分銀ですが、本品は良好な打刻です。一分銀ではMS64は65の平均半額程度の相場、コストパフォーマンスの高いランクです。極印分類は「Ba」。Secure Plus

明治一朱銀(川常一朱) 明治元年 明治2年 黒色変色あり -UNC 3,500円

極印分類「St」、位付けは「2」。最も新しい古金銀といえども、未使用の肌を持つ美しい銀貨です。裏面に残念ながら黒色変色があり、状態評価にマイナスを付しましたが、変色の奥の肌は確認できるレベルで肌が荒れるまでは至っておりません。黒色部分がなければ、UNC+とすべき良品です。

明治一朱銀(川常一朱) 明治元年 明治2年 -UNC 2,500円

極印分類「Ts」、位付けは「4」。こちらもほぼ未使用の一朱銀です。製造時の重量調整目的にいわゆる雨降り状の状態にややなっておりますが、原色光沢が渋く美しく残る品です。表面には、光の角度により黒く見える部分もありますが、実物ではほとんど気になりません。厳しめにマイナスを付しました。

明治一朱銀(川常一朱) 明治元年 明治2年 軽トーン UNC 3,000円

極印分類「Ut」、位付けは「3」。全体に時代色が付いており、未使用の醍醐味に欠けますが、定字極印などの凹部分には、美しい原色を放ちます。

明治一朱銀(川常一朱) 明治元年 明治2年 AU-UNC 2,500円

極印分類「Xs」、位付けは「3」。美しい状態ながら、やや質感を欠いたのっぺりした印象は、洗浄による可能性も否めません。厳しく評価し、ご奉仕品といたします。

明治一朱銀(川常一朱) 明治元年 明治2年 UNC 3,200円

極印分類「Xt」、位付けは「3」。軽いトーンがかかるものの、原色の光沢を残す良品です。裏面にやや元気がない点は残念ですが、流通の痕跡は感じさせません。

明治一朱銀(川常一朱) 明治元年 明治2年 UNC 3,200円

極印分類「Xx」、位付けは「3」。うっすらと一皮かぶったような未使用品です。流通の痕跡は感じさせず、裏面には原色の輝きもしっかりと残します。

明治一朱銀(川常一朱) 明治元年 明治2年 UNC 3,200円

極印分類「Yv」、位付けは「3」。角度を変えたときの光沢の質感など典型的な未使用状態です。裏面がややズレ打となっております。