1. Top
  2. 在庫販売
在庫販売のイメージ
  1. Top
  2. 在庫販売
  3. 50銭銀貨

    2018年8月25日更新

旭日竜大型50銭銀貨 明治3年 PCGS-MS63(UNC) 35,000円

得難い極印、短陽光。軽度のヘアラインがありますが、両面に裏写りがあり面白い品。極印分類は「粗葉脈 短陽光 太三」。Secure Plus

旭日竜大型50銭銀貨 明治4年 後期 PCGS-MS63(UNC) 21,000円

自然な色調の典型的な未使用品です。極印分類は「密葉脈 大ウロコ」。Secure Plus

竜50銭銀貨 明治30年 下切 PCGS-MS62(-UNC) 17,000円

50銭銀貨は明治6年より意匠変更され、洗練された竜図タイプとなります。MSランクはMint State、いわゆる未使用状態を表し、数字ランクは60〜70を割り当てられます。63が標準的な未使用、62はやや落ちるものとされますが、落ちるポイントが許容できるかが重要です。本品ではややバッグマークが目立ちますが、未使用の美しい質感と原色光沢はなかなかのものです。Secure Plus

竜50銭銀貨 明治30年 下切 PCGS-MS62+(-UNC) 18,000円

細かなバッグマークが目立ちますが、光沢質感は上々で未使用品の美しい色調を愉しめる一枚。Secure Plus

竜50銭銀貨 明治30年 下切 PCGS-MS64(UNC+) 32,000円

年号の三字部分に若干の汚れがありますが、自然で明るい色調はとても美しく、未使用品+と表示するに相応しい良品です。Secure Plus

竜50銭銀貨 明治30年 上切 PCGS-AU55(軽トーン VF-EF) 180,000円

稀少な手変わり「上切」、珍品に類する得難い銘柄です。渋いトーンに包まれた自然さが魅力。Secure Plus

竜50銭銀貨 明治31年 上切 NGC-MS63(-UNC) 9,500円

ギザも切り立っており目立つ欠点もございませんが、未使用品の華やかな魅力は乏しく、全体に地味な印象を持ちます。そうは言っても竜50銭銀貨のMS63(標準的未使用)が1万円を割っていては割安感がございます。

竜50銭銀貨 明治31年 上切 PCGS-MS63(UNC) 14,000円

滑らかな打刻でもあり、バッグマークが少々気になりますが、美しい光沢の竜50銭銀貨未使用品がこの価格で入手できるチャンスです。Secure Plus

竜50銭銀貨 明治31年 上切 NGC-MS64(UNC) 20,000円

こちらはNGCケース入り。自然なトーンが質感を高めます。全体に落ち着いた色調ながら、光線角度によりキラキラと光る意匠が存在感を放ちます。

竜50銭銀貨 明治31年 上切 PCGS-MS65(軽トーン UNC-FDC) 45,000円

プルーフ系の上品な打刻に、味わい豊かな時代色を纏うハイランク品。バッグマークも少なく、現状スタンダードケースでもあり、リグレードサービスも面白いかもしれません。Standard

竜50銭銀貨 明治32年 PCGS-MS63(UNC) 16,000円

菊紋面平地部分に細かなバッグマークがあり、竜図面にごく軽度の変色がありますが、変色は味わい程度のものです。明治32年は比較的入手しやすい年号ですが、MS63ランク品がこの価格は魅力です。Secure Plus

竜50銭銀貨 明治32年 PCGS-MS64+(軽トーン UNC+) 28,000円

軽度のアタリが平地部分にありますが、全体にスレを含むキズは少なく、滑らかで上品な面持ちです。Secure Plus

竜50銭銀貨 明治34年 PCGS-MS63(UNC+) 58,000円

菊紋面にバッグマークが目立つものの、端正なプルーフライクの製作は心地よく、とても美しい特年銀貨です。極印分類は「前期(上切 平リボン)」Secure Plus

竜50銭銀貨 明治34年 PCGS-MS63(UNC) 42,000円

薄いゴールドトーンを帯びたMS63ランク品。目立った欠点はありませんが、平地部分に細かなスレがございます。PCGS鑑定枚数44枚(2015年4月現在)は、明治33年や35年より少なく、特年明治18年と並ぶ枚数です。Secure Plus

竜50銭銀貨 明治37年 PCGS-MS62(-UNC) 8,500円

菊紋面平地部分はどうしてもバッグマークが目立ちやすい場所です。本品はバッグマークこそ多めですが未使用品の質感愉しめる格安品です。Secure Plus

竜50銭銀貨 明治38年 下切 PCGS-MS62(-UNC) 8,500円

明るい色調であり、特に竜図面は未使用そのものの好状態ですが、菊紋面平地部分は広範囲にバッグマークがございます。Secure Plus

竜50銭銀貨 明治38年 下切 PCGS-MS63(UNC+) 21,000円

ご覧の通り、キラキラと輝く梨地粒状感と茶系軽トーンが品の良い未使用品です。ランクは控えめにMS63となっておりますが、これは菊紋面のバッグマークを厳しく加味されたものと存じます。この質感をお気に入り頂ける方にぜひお勧めしたい良品です。Standard

竜50銭銀貨 明治38年 下切 PCGS-MS64(軽ヘアライン UNC-FDC) 25,000円

軽いヘアラインがありますが、特に竜図面の鮮烈な光沢は見応え充分です。Secure Plus

竜50銭銀貨 明治38年 下切 PCGS-MS65+(軽汚れ UNC-FDC) 70,000円

若干の汚れがありますが鮮烈な光沢が印象的なハイランク品。113年前に製造された銀貨が、この状態を維持していることにロマンを感じる一枚。PCGS Population Report(7位タイ/252枚中)Secure Plus

旭日50銭銀貨 明治42年 PCGS-MS65(軽トーン UNC-FDC) 26,000円

格調高い軽いトーンを纏ったMS65ランク品。菊紋面には鮮やかな光沢をはなち、豊かな質感を誇ります。極印分類は「後期(第10葉対生接花 有桐葉)」Standard

旭日50銭銀貨 明治45年 PCGS-MS64(UNC+) 25,000円

第一印象にとても光るものがある美しい銀貨です。精査するとMS64相当の軽いバッグマークがありますが、心地よく時代色を帯びた未使用の質感はこの限りではなく、心惹かれるものがあります。Secure Plus

旭日50銭銀貨 明治45年 PCGS-MS65(軽トーン UNC-FDC) 35,000円

年号面を中心に軽度のトーンが入りますが、トーンの雰囲気はよく、シャープな打刻と相まって、高い質感を醸し出します。少々バッグマークは多めですが、雰囲気のあるハイランク品。Secure Plus

旭日50銭銀貨 明治45年 PCGS-MS65(UNC-FDC) 36,000円

ほんのりと時代色を浮かべつつも、ほぼ原色の明るさが愉しめます。バッグマークなどのキズも少なく、MS65らしい良品。Secure Plus

旭日50銭銀貨 大正2年 PCGS-MS63(UNC) 10,000円

明治年号に比べカタログ評価はガクンと落ちますが、大正5、6年と比べ出現頻度はそう高くありません。少々目立つバッグマークがありますが、お手頃価格の一枚。Secure Plus

旭日50銭銀貨 大正4年 PCGS-MS64+(UNC+) 30,000円

極印の仕上げ跡が感じられるものの、基本的な打刻はクリアで美しい品。エッジが当たったと推測されるバッグマークがありますが、傷の数は多くありません。Secure Plus

旭日50銭銀貨 大正6年 PCGS-MS64(少トーン UNC+) 7,000円

旭日50銭銀貨最終年号で最も入手しやすい大正6年。年号面はほぼ原色光沢、菊紋面はほぼ全面にトーンを帯びます。赤みを帯びたトーンは上品で美しい一方、バッグマークがやや目立つ点が惜しいところです。Secure Plus

旭日50銭銀貨 大正6年 PCGS-MS65(UNC-FDC) 14,000円

年号面は粉を吹いたような銀白色、菊紋面はセミプルーフライクで深みのある光沢を愉しめます。格安ハイランク品。Secure Plus

旭日50銭銀貨 大正6年 NGC-MS67(軽トーン -FDC) 65,000円

こちらも年季の入ったケースに納められた美しいコインです。ランクはNGC社におけるトップランクMS67を誇ります。年号面はほぼ目映い原色光沢、菊紋面には軽度のトーンがありますが、バッグマークは少なく雰囲気のある状態です。NGC Census(1位タイ/113枚中)

小型50銭銀貨 昭和6年 PCGS-MS64(UNC+) 5,000円

決して稀少銘柄ではありませんが、完全な状態を探すとなかなか得難い昭和6年。裸の状態からスラブに挑戦しハイランクを狙う愉しみもございますが、コストと時間を考えると、アンダーグレーディング気味のスラブ品をお求めになることもお勧めです。

小型50銭銀貨 昭和9年 PCGS-MS66(-FDC) 9,500円

ほぼ原色光沢を維持しつつ、僅かに帯びた時代色が立体的な美しさを醸し出します。深みのある魅力を持ったMS66ランク品。Secure Plus