1. Top
  2. 在庫販売
在庫販売のイメージ
  1. Top
  2. 在庫販売
  3. 20銭銀貨

    2024年2月10日更新

旭日竜20銭銀貨 明治3年 PCGS-MS66(-FDC) 45,000円

さすがはMS66ランク品、明らかに未洗浄でありながら自然で美しい光沢を輝かせ、菊紋面はセミプルーフライクの打刻の良さまで愉しめます。極印分類は「曲粗葉脈」少ない銘柄です。Secure Plus

旭日竜20銭銀貨 明治3年 PCGS-MS66(-FDC) 38,000円

目映い輝きを見せるMS66ランク品。打刻はやや粗めで、菊紋面裏写りが確認出来ます。極印分類は「直粗葉脈」Secure Plus

旭日竜20銭銀貨 明治3年 PCGS-MS66(-FDC) 35,000円

うっすらと時代色を帯びたハイランクMS66。近代貨幣の創世記、旭日竜タイプに散見されるシワ付きが見られますが、フロスト感が愉しめる精緻な打刻が美しい良品。極印分類は「離密葉脈」Secure Plus

旭日竜20銭銀貨 明治3年 明瞭ウロコ PCGS-MS64(UNC) 37,000円

人気の明瞭ウロコ。鑑定数の統計資料「PCGS Population Report」によれば、稀少バラエティ明治4年欠銭と、ほぼ同等の鑑定枚数しかありません。本品は、変色部位と少々あり製作に粗さがありますが、未使用品です。極印分類は「横ウロコ 直粗葉脈」Secure Plus

旭日竜20銭銀貨 明治4年 NGC-MS62(-UNC) 23,000円

こちらも存在比率10%未満とされる「横ウロコ 曲粗葉脈」。現物の見栄えはなかなか良いのですが、極印の仕上げ跡が目立ちヘアラインと紛らわしく、評価を難しくするコインです。

旭日竜20銭銀貨 明治4年 欠銭 PCGS-MS64(UNC+) 52,000円

銭字一部が欠損する稀少銘柄「欠銭」。クリアな打刻が印象的な一枚で、特に菊紋面はセミプルーフライクを呈しています。極印分類は「縦ウロコ 離密葉脈」Secure Plus

竜20銭銀貨 明治6年 PCGS-MS65(UNC+) 27,000円

あっさりとした質感のMS65。バッグマークは少々目立ちますが、初年号の明治6年、なかなか良品が得難い年号でもあります。Secure Plus

竜20銭銀貨 明治7年 PCGS-MS64(UNC+) 30,000円

自然な質感が嬉しいMS64、未使用良品です。リーズナブルな価格で、美しいコインの多いMS64、コレクションの軸にするランクにお勧めです。Secure Plus

竜20銭銀貨 明治9年 前期 PCGS-MS64(UNC+) 38,000円

明字がハネ明となる前期。明治9年の少ない方です。未洗浄の味わい豊かな質感は、好印象を持たれる方が多いと存じます。極印分類は「前期1(多脈)」Secure Plus

竜20銭銀貨 明治9年 後期 PCGS-MS66(軽トーン -FDC) 25,000円

打刻良く、トーンも多彩で質感良好なハイランク品。製作の良い品をよくみる年号ですが、MS66を越える品はそう多くありません。極印分類は「中期2(多脈 撥本) 短銭」Secure Plus

竜20銭銀貨 明治9年 後期 PCGS-MS65(UNC-FDC) 19,000円

トメ明タイプとなる後期。竜図面は梨地系で、菊紋面ははPL系となり、映える一枚。竜図面に軽度のスクラッチがありますが、バッグマークは全体的に少なめです。分類は「少脈 撥本」Secure Plus

竜20銭銀貨 明治18年 PCGS-MS65(UNC-FDC) 18,000円

薄い汚れがありますが、未洗浄、光沢良好、上品なMS65ランク品。極印分類は「後期(刺し平行)」Secure Plus

竜20銭銀貨 明治20年 PCGS-MS65(-FDC) 19,000円

菊紋面に軽いスクラッチがありますがバッグマーク少なく、原色豊かな光沢と相まって、ほぼ完未の好状態。極印分類は「前期(大互生 直銭)」第一葉の葉脈が見分けるポイントです。Secure Plus

竜20銭銀貨 明治20年 PCGS-MS65(UNC-FDC) 18,000円

ほぼ原色の美しい状態を誇るMS65ランク品。菊紋面がやや荒い打刻となりますが、バッグマークも少なく良好な状態です。極印分類は「後期(大対生 曲銭)」Secure Plus

竜20銭銀貨 明治21年 PCGS-MS62(UNC) 売約済

MS64ともなると50万円近くにもなる、発行枚数70万枚あまりの特年。製作良く、目立つバッグマークも少なく、美しい銀貨ですが、細かなスレがあり厳しい評価に至ったものと思われます。Secure Plus

竜20銭銀貨 明治24年 PCGS-MS64(UNC+) 22,000円

バッグマークの程度はMS65に近いと思われますが、やや淡泊な質感もあり、厳しめの評価になったものと思われます。極印分類は「中期(小互生)」Secure Plus

竜20銭銀貨 明治25年 PCGS-MS64(UNC+) 商談中

白色系のMS64ランク品。菊紋面に浅いスクラッチ、細かなスレがあります。極印分類は「小互生」Secure Plus

竜20銭銀貨 明治28年 PCGS-MS64(UNC+) 商談中

未洗浄でほぼ原色の未使用良品。打刻も標準的で、目立たぬ細かなバッグマークこそありますが、気になる懸念点も見当たりません。Secure Plus

竜20銭銀貨 明治30年 PCGS-MS65(UNC-FDC) 18,000円

竜図面はナチュラルな質感が味わい深く、菊紋面はプルーフ系の強い照りを愉しめます。極印分類は「後期1(大互生 直銭 少刺開き偏渦)」Secure Plus