1. Top
  2. 在庫販売
在庫販売のイメージ
  1. Top
  2. 在庫販売
  3. 1銭銅貨、青銅貨

    2018年10月31日更新

竜1銭銅貨 明治10年 PCGS-MS64RB(軽汚れ UNC-FDC) 26,000円

極滑らかな平地部分に浮き立った竜図、クリアな打刻が印象的で存在感のある銅貨です。原色割合は60%程度、保存状態がもう少し良ければ、相当なハイランクが期待できただろう華のある良品です。Secure Plus

竜1銭銅貨 明治13年 PCGS-MS64RB(軽トーン UNC) 12,000円

原色割合は50%ほど、竜図面は全体に軽度のトーン、菊紋面中央部には明るい原色が愉しめます。明治13年は明治21年と並び、竜1銭銅貨未使用品が手頃に入手できる銘柄です。

竜1銭銅貨 明治13年 PCGS-MS64RD(少トーン UNC-FDC) 15,000円

原色割合70%程度、RDを取得しており、整った打刻美しい銅貨ですが、竜図部分にトーンが出てしまっております。MS65RBといった印象です。Standard

竜1銭銅貨 明治18年 PCGS-MS64BN(トーン UNC+) 16,000円

竜図面菊紋面ともに、打刻、傷の少なさ、質感、申し分ない状態。未流通未使用貨に上品なトーンを違和感なく帯びたBNランク品です。味わい深いトーンの中に原色の艶をところどころに感じさせる深い質感は通を唸らせる、偶然が作り出した逸品。

竜1銭銅貨 明治18年 PCGS-MS64RB(少トーン UNC+) 20,000円

菊紋面7時の方向に軽度の汚れとトーンを帯びるものの、基本的な色調は明るく原色割合は70%程度。MS64RBは光沢や質感によりかなり印象の異なるコインが存在しますが、本品はお勧めできる状態です。

竜1銭銅貨 明治19年 PCGS-MS63RB(トーン UNC) 8,000円

茶系トーンの中に原色光沢をのぞかせるBNに近いRBランク品、原色割合は15%程度。渋い色調ではありますが、未使用の質感はなかなかのものです。

稲1銭青銅貨 明治32年 PCGS-MS64RB(表面トーン UNC+) 12,000円

年号面はバッグマーク少なく一面に原色をたたえる素晴らしい状態、稲穂面は軽度の汚れを伴う軽いトーンがほぼ全面に入ります。目立つ傷などの欠点がないばかりか、明治青銅貨の原色光沢を存分に愉しめる格安品です。

稲1銭青銅貨 明治32年 PCGS-MS65RD(軽トーン UNC) 9,000円

RDの評価を得ておりますが、原色割合は60%程度とお考え下さい。稲1銭の原色評価は日本での見解と異なることもあるようです。これはこれで落ち着いた色調の未使用品。Secure Plus

稲1銭青銅貨 明治33年 PCGS-MS64RD(点錆複数 UNC-FDC) 20,000円

あの明治33年もバーゲンプライス。年号面はほぼ原色のほぼ完未。稲穂面もほぼ原色を維持し原色割合は95%以上、バッグマークも僅少ですが、図版の通り黒点がいくつか出てしまいました。Secure Plus

稲1銭青銅貨 明治33年 PCGS-MS65RD(UNC+) 33,000円

軽度の時代色を帯び、端正な極印による出来と相まって、質感豊かなMS65RD取得品です。

稲1銭青銅貨 明治33年 PCGS-MS65RD(UNC-FDC) 売約済

稲1銭青銅貨の奇数年号はいずれも状態特年になりますが、明治33年は良品の入手機会が増えており、ある意味チャンスです。原色割合ほぼ100%の完封品だったと思われる好状態。Secure Plus

桐1銭青銅貨 大正5年 PCGS-MS65RD(UNC-FDC) 10,000円

原色割合95%程度、完封品を割ったと思われる明るい光沢が愉しめる青銅貨。大正5年は初年号にあたります。Standard