1. Top
  2. 在庫販売
在庫販売のイメージ
  1. Top
  2. 在庫販売
  3. 1銭銅貨、青銅貨

    2022年6月11日更新

竜1銭銅貨 明治10年 PCGS-MS64RB(少トーン UNC-FDC) 21,000円

原色割合75%程度、RBとしては良好な原色を維持し、クリアな打刻も好印象です。竜図にのったトーンが濃色で気になりますが、美しい銅貨です。Secure Plus

竜1銭銅貨 明治13年 PCGS-MS64RB(UNC+) 14,000円

軽度のシミが出てしまいましたが、原色割合75%ほどと基本的には明るく、クリアな打刻の美しい銅貨です。142年物の当時の面影を残す銅貨が、この価格は魅力的です。Secure Plus

竜1銭銅貨 明治18年 PCGS-MS64BN(トーン UNC+) 14,000円

竜図面菊紋面ともに、打刻、傷の少なさ、質感、申し分ない状態。未流通未使用貨に上品なトーンを違和感なく帯びたBNランク品です。味わい深いトーンの中に原色の艶をところどころに感じさせる深い質感は通を唸らせる、偶然が作り出した逸品。Secure Plus

竜1銭銅貨 明治18年 PCGS-MS64RB(軽トーン UNC+) 15,000円

精緻な打刻が際立つ竜1銭銅貨。原色割合50%程度と軽いトーンがありますが、未使用の魅力は十分にお愉しみ頂けます。Standard

竜1銭銅貨 明治19年 PCGS-MS64RB(軽トーン UNC+) 13,000円

原色割合は40%程度、色調は全体に落ち着いた印象です。一方、打刻はクリアで特に菊紋面はセミプルーフライクといったところです。Secure Plus

竜1銭銅貨 明治20年 PCGS-MS64RB(少トーン UNC+) 18,000円

原色割合50%程度、一部に帯びたトーンは赤青黄と鮮やかな色調となります。やや粗めな製作ですが、銅貨としては珍しい豊かな色調を愉しめます。Secure Plus

稲1銭青銅貨 明治32年 PCGS-MS66+RD(FDC) 売約済

原色割合は90%程度、+認定を獲るだけあって、深みのある美しい色調が印象的な青銅貨。バッグマークも少なく、完未といって差し支えない状態です。Secure Plus

稲1銭青銅貨 明治33年 PCGS-MS65RD(UNC-FDC) 22,000円

数年前まで状態稀少と言われた明治33年、良品のまとまった数の出現で“熟れた”を通り過ぎたバーゲンプライスの感があります。本品もほぼ原色を維持する筋の良いハイランク品です。まだの方はぜひ一枚お手元に。Secure Plus

稲1銭青銅貨 明治34年 PCGS-MS65RD(軽トーン UNC-FDC) 15,000円

年号面は上品な色調、稲穂面は軽いトーンを帯びます。原色割合は80%程度と渋めです。バッグマークは少なく、落ち着いた雰囲気のMS65RD。Secure Plus

稲1銭青銅貨 明治34年 PCGS-MS66RD(-FDC) 21,000円

MS66としては少々バッグマークが気になりますが、全体の質感の高さはさすがの貫禄。ほんのり色づいた色調がコインの立体感を引き立てます。Secure Plus

稲1銭青銅貨 明治35年 PCGS-MS64RB(軽トーン UNC+) 32,000円

明治32〜34年までの1銭青銅貨は、2022年6月現在、PCGS Population Reportで、各200枚程度の鑑定数を記録しておりますが、この明治35年は僅か26枚(RB)、15枚(RD)しか記録していない状態稀少年号。原色割合は40%程度と渋い未使用ながら、入手できる時に入手しておきたい年号です。Standard

桐1銭青銅貨 大正5年 PCGS-MS66RD(-FDC) 15,000円

桐1銭青銅貨の初年号大正5年。MS66RDは、PCGS Population Report(5位タイ/83枚中)のハイランク。原色割合は95%程度、薄い点錆と僅かなトーンがありますが、RD評価を取得できる軽度なものです。Secure Plus

桐1銭青銅貨 昭和2年 PCGS-MS66RD(軽トーン -FDC) 11,000円

基本的なコンディションは、筋の良い完封出しと思しき状態。PCGS評価もMS66RDのハイランクですが、年号面6時方向に軽度のトーンを帯びます。Secure Plus